同色ゲームの世界

同色ゲームの世界
Purchase Limit:
3

Physical (worldwide shipping)

BuyeePurchase via Buyee
Buyee is a third party service for shipping your items globally. Read More
  • Physical (direct)
    Ships within 5 days
    1,980 JPY

Physical (ship to Japan)

  • Physical (direct)
    Ships within 5 days
    1,980 JPY

本商品は、盤と駒からなる軽量級ボードゲームです。見た目もシンプル、ルールもシンプル。14種類のオセロや囲碁に似たゲームが楽しめます。 外箱、A5・24ページのルール書、しおり1枚、表面が正方形、裏面が六角形マスの4×4構成二つ折りの厚紙からなるゲーム盤(開いて縦20cm×横20cm×厚さ2㎜)1枚と5種類計128枚の円盤状の駒(厚紙型抜き板)、駒入れビニール袋4枚、携帯用A5ポーチ1個からなります。おまけのダウンロードファイル「ヒント&問題集(14ページ)」も付いています。シンプルな盤面と駒故、計14種類もの遊びが生まれました。どちらの盤面にも一対の同色マスが複数組(8組)配されているため、駒を移動させた(配置した)とき、移動させた(配置した)マスと同色のマスまたは同色のマスの周囲に、駒がなけれれば、そこへ駒を配置する。駒があれば、それらの駒を交換する、反転させる、取り除く等のルールを設定することができました。これらのルールにより、駒の配列に大きな変化をもたらしました。そのため、1人用ゲームは、できそうでできないもどかしさやジレンマ、驚きや感動が生まれました。2~4人用ゲームは、次の相手の一手により味方の駒が敵の駒と交換され、危険な駒の配列パターンに陥ってしまったり、相手にとって危険なマスに自分の駒を移動させる(配置する)などハメ手を打っておいても、相手はそれと同色のマスに駒を移動させ(配置し)てくれるかどうかは、やってみなければ分からないなど、変化性や逆転劇、高度性が生まれました。ゲームは先が読めてしまうと冷めてしまいます。だからと言って、先をまったく読めなくしてしまうと、ゲームとしての面白味がなくなってしまいます。そこで、3手先が読めない程度にしてあります。このような不確定要素のある微妙なバランスから成り立ったゲームです。もし、マスに対応関係がなかったとすると、このような逆転劇や先読みの困難さ、駆け引きは生まれなかったでしょう。「いかに対応(同色)マスの位置関係と駒の位置関係を把握するか」が次の手を決める礎となることは言うまでもありません。コンセプトは「●ルールは、3分以内に読めること。●1プレイは3~20分で終わること。●子ども(8歳以上)、お年寄りにも理解できることです。携帯用ポーチが付いているので、休み時間に一局なんていかがですか。この商品に値段以上の価値を見出していただきましたら、幸いです。 実願平3-103264、実開平5-33764 配送につきましては、クリックポストでの配送(送料198円/郵便受け投函)とさせていただきます。ご了承くださいませ。

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

本商品は、盤と駒からなる軽量級ボードゲームです。見た目もシンプル、ルールもシンプル。14種類のオセロや囲碁に似たゲームが楽しめます。 外箱、A5・24ページのルール書、しおり1枚、表面が正方形、裏面が六角形マスの4×4構成二つ折りの厚紙からなるゲーム盤(開いて縦20cm×横20cm×厚さ2㎜)1枚と5種類計128枚の円盤状の駒(厚紙型抜き板)、駒入れビニール袋4枚、携帯用A5ポーチ1個からなります。おまけのダウンロードファイル「ヒント&問題集(14ページ)」も付いています。シンプルな盤面と駒故、計14種類もの遊びが生まれました。どちらの盤面にも一対の同色マスが複数組(8組)配されているため、駒を移動させた(配置した)とき、移動させた(配置した)マスと同色のマスまたは同色のマスの周囲に、駒がなけれれば、そこへ駒を配置する。駒があれば、それらの駒を交換する、反転させる、取り除く等のルールを設定することができました。これらのルールにより、駒の配列に大きな変化をもたらしました。そのため、1人用ゲームは、できそうでできないもどかしさやジレンマ、驚きや感動が生まれました。2~4人用ゲームは、次の相手の一手により味方の駒が敵の駒と交換され、危険な駒の配列パターンに陥ってしまったり、相手にとって危険なマスに自分の駒を移動させる(配置する)などハメ手を打っておいても、相手はそれと同色のマスに駒を移動させ(配置し)てくれるかどうかは、やってみなければ分からないなど、変化性や逆転劇、高度性が生まれました。ゲームは先が読めてしまうと冷めてしまいます。だからと言って、先をまったく読めなくしてしまうと、ゲームとしての面白味がなくなってしまいます。そこで、3手先が読めない程度にしてあります。このような不確定要素のある微妙なバランスから成り立ったゲームです。もし、マスに対応関係がなかったとすると、このような逆転劇や先読みの困難さ、駆け引きは生まれなかったでしょう。「いかに対応(同色)マスの位置関係と駒の位置関係を把握するか」が次の手を決める礎となることは言うまでもありません。コンセプトは「●ルールは、3分以内に読めること。●1プレイは3~20分で終わること。●子ども(8歳以上)、お年寄りにも理解できることです。携帯用ポーチが付いているので、休み時間に一局なんていかがですか。この商品に値段以上の価値を見出していただきましたら、幸いです。 実願平3-103264、実開平5-33764 配送につきましては、クリックポストでの配送(送料198円/郵便受け投函)とさせていただきます。ご了承くださいませ。